人気ブログランキング |

燕雀鉄道白津機関区活動日誌

c62swallow.exblog.jp
ブログトップ
2020年 03月 01日

ロクハン SL大樹

お久しぶりでございます。
新PCにSD挿入口がなくて面倒くさかったり、カメラがマクロと相性悪すぎたり、最近イラストばっか描いてたりしてたのもあってすっかりブログ更新をさぼってましたね。
Twitterも忘れたころにやってましたが……。

さて。DL大樹とSL大樹の交換などもあるとか話題のSL大樹が燕雀鉄道にやってきました。
ロクハン SL大樹_a0359818_18225237.jpg




ロクハン SL大樹_a0359818_18260048.jpg
SL大樹といえばマイクロから(バカ高い)セットが出ておりますが。
のってるジオラマがPROZということでお察しでしょうが、こちらはロクハン製です。
ロクハンはもともとC11やヨ太郎、14系を出していたことや東武沿線ということもあるのでしょうが、非常に早い段階でSL大樹を製品化しておりました。
地味に14系が手に入らずなかなか紹介する機会がありませんでしたが、やっと手に入ったので。
ロクハン SL大樹_a0359818_18284657.jpg
まずC11。
プロポーションは見てのとおり結構いいです。
ロッド類もサイズを考えればかなり十分ではないでしょうか。
動態保存機ということで各部の華やかな装飾もきれいに入っております。
ロクハン SL大樹_a0359818_18372421.jpg
もちろんヘッドマークも付属。
カニ目ライトはなんと光ります。
スケールスピードではやや暗めですが、私個人としてはSLがそんな極端にまぶしく光るのも…というタイプなので。
ロクハン SL大樹_a0359818_18303813.jpg
走りもなかなかよく、そこそこのスローも効きます。
何よりあの凶悪な急カーブ・勾配を併せ持つPROZのコースをクロス含め走行できるのはすごいです。
流石に客車3両はクロス・勾配・カーブ合わさるトンネル付近は結構厳しいようですが。
なお、うちの個体はアーノルドカプラーでは段差で開放することが多く、付属のナックルカプラーにしてます。
ロクハンのナックルカプラーは高さがあるのでこういう対策にもなりますね。
ロクハン SL大樹_a0359818_18333471.jpg
ヨ太郎のほうも(点灯はしませんが)ライトなど実車に合わせて多少変更が加えられていますね。
ロクハン SL大樹_a0359818_18341520.jpg
あまりにも嬉しくてつい室内灯も奢ってしまいました。
ちなみに、クラウンモデルのスハ43系も所有してますがそちらとは相性が悪く開放しがちですね。
(スハ43系のカプラーが車体マウントでしかも固いということもありますが)
そちらと連結させる場合はお座敷や大型レイアウトになりそうです。

DE10は……そのうち手に入ったらいいなあ。



by c62swallow | 2020-03-01 18:38 | Zゲージ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< ロクハン 115系 岡山更新色      トレインショップ E10 >>