人気ブログランキング |

燕雀鉄道白津機関区活動日誌

c62swallow.exblog.jp
ブログトップ
2019年 09月 28日

トレインショップ E10

a0359818_17463140.jpg
いやー、ついにきました。
長いこと探しておりました。
伝説のヤツ…トレインショップのE10です。





18年前の伝説の品ですね。
流星のようにリリースを開始し、C12,C56,4110と出した後に登場したもの。
a0359818_17472535.jpg
暫くしてからマイクロからも登場してしまいましたが、実物を可能な限り再現しようという執念や情熱を感じる作りこみと素材からくる精密さがダントツで違います。
いやまあ値段も違うんですけど。
a0359818_17513596.jpg
側面。
私の購入したものは白線が入り、ロッドにも色が入ったものでした。
何分情報がほとんどない(某サイトの白線無し仕様程度)模型ですのでこういう仕様なのかと言われると微妙に怪しいのですが、綺麗に入ってるので気にしないことにしましょう。
見ての通り、プロポーションは大変良いです。
E10の特徴と言えばこちら側に汽笛があるんですよね。E10は他の蒸気機関車とは前後逆として作られており、トレインショップは特にその逆向定位時代がプロトタイプなのでカプラーも煙室側がマグネマティックにされています。
安かった理由に「ヘッドライト不灯、バック側は点灯」というのがあったのですが、これもトレインショップ製品の特長ですね。
a0359818_17593524.jpg
つまりこちらが正面ということになりますね。
a0359818_17595872.jpg
斜め上から。
石炭の粒が大きいですね。
これもトレインショップ製品の特長、です。
……「石炭積載済」も安い理由だったのですがはじめからです。
それにしても本当に沢山のパーツが別パーツとなっています。
一つ一つ手作りなのですからすごいですよね……
私はこんなにきれいにまっすぐできません。
a0359818_18021075.jpg
ちなみにピストン尻棒やキャブ下ステップもついてます。
勿論ナンバーも赤黒二種類ずつ、1~5がついてます。
かなり安く手に入ったんで気にしなくていいんでしょうが、それでももとがレアものですからちょっと怖気づいてます……。
a0359818_18070542.jpg
車輪。実物同様、第3,4動輪がフランジレスとなっているのは強みです。
a0359818_18032858.jpg
説明書。
「手作りのため、組立等に至らぬ点があるかと思いますがご容赦ください。」とずいぶん腰の低い注意文がありますが、よっぽど神経質な方や一両一両の個体差が嫌いな人でもない限り、基本は満足していると思える出来です。
少なくとも、自分にはこれほどのクオリティの物は作れませんから。
a0359818_17460660.jpg
目の保養であるとともに、「これくらいのものを作りたい」という思いを強く感じる模型です。
こういう熱意ある模型をみながら、私自身も取り組みたいものです。
最近はイラストが忙しく模型をあまり弄れてませんけども……


by c62swallow | 2019-09-28 18:08 | 国鉄蒸気機関車 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



     マイクロエース EF65 530 >>