人気ブログランキング |

燕雀鉄道白津機関区活動日誌

c62swallow.exblog.jp
ブログトップ
2019年 09月 19日

マイクロエース EF65 530

以前の富士についてきたマイクロのEF65です。
a0359818_22571536.jpg




マイクロのEF65と言えば「謎カプラー」「謎の巨大フック」「とにかく別体化」と有名?ですね。
ただ、最近EF65 500P は最近他社もあまり見ないので地味に入手が面倒です。
一緒についてきたので助かりました。
a0359818_23030456.jpg
サイドビュー。
燕雀鉄道に在籍したことがあるEF65はKATO旧製品のみなので「短い」という第一印象。
車高も低く結構実感的です。
……この距離でも屋上のフックが目立ちますが。
a0359818_23042176.jpg
屋根上。
パンタグラフのすり板に初めから色差しがされていたり、配管が別パーツだったりフックが別パーツだったり賑やかなのが特徴的ですね。
a0359818_23051796.jpg
難点はカプラー。
同社の蒸気機関車の重連用カプラーによく似たものを使う必要があります。
お陰でS時などは苦手です。どうにかしなくては……
反対側のダミーカプラーもみっともないので、とりあえずGMナックルを切って突っ込んでます。
a0359818_23064310.jpg
この模型の最大の長所は、『6軸集電』ということでしょうか。
ロフトにあるので夏季期間、暑すぎて完全に放置されていた燕雀鉄道レイアウトに乗せてみたのですが、遺憾なくそのメリットを発揮。
スルルと安定した走りを見せてくれました。
カプラーをなんとかして、レンタルレイアウトで快走させたいですね。


by c62swallow | 2019-09-19 23:08 | 国鉄電気機関車 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< トレインショップ E10      マイクロエース 24系24型 富士 >>