人気ブログランキング |

燕雀鉄道白津機関区活動日誌

c62swallow.exblog.jp
ブログトップ
2019年 07月 16日

トミーなEF58

今回は同じHO・16番でも前回紹介のC62とはある意味対極のような模型。
むかーし、まだTOMIXがトミーだったころ。
HOで挑戦したものがありました。
EF58です。
a0359818_22032389.jpg




テールレンズがない一体成型なこともあってNゲージに見えますが、16.5mmゲージです。
発売当時5500円と破格の安さで登場しましたが
ぶあついプラの車体なのにはめ込みでないので奥まった窓
後述する少し残念な動力
何とも言えない先輪
中途半端な存在となり結局トミーでは後続がありませんでした。
そんな同車ですが不動で1500円未満で転がっており、拾って帰ったら普通に動きましたので入線としました。
a0359818_22083056.jpg
見ての通り、イメージとしては「当時のNゲージをそのまま大きくしたような」スタイルです。
とはいえ、プロポーションや第一印象は「EF58」以外の何物でもなく結構好ましいです。
a0359818_22100886.jpg
パンタグラフも金属製。
避雷器もありますし塗り分けこそないもののまあまあ屋根上はいいんじゃないでしょうか。
a0359818_22105365.jpg
ぱかっとあけてみました。
片台車にモーターとギアが収まったパワートラック的構造です。
走りも16番としてはちょっとひっかかりもありますが、大きいこともあって比較的安定した走りを見せてくれました。
a0359818_22123051.jpg
先輪は一応抜けたスポークです。
まあ、タイヤ部分が分厚いのでほっとんどめだちませんが。
両側がベーカー型のためうちでは古いエンドウのブリキ貨車を引くのがメインになると思います。
とはいえ、色々な場面で使える機関車でもありますのでガンガン走らせて楽しみたいと思います。


by c62swallow | 2019-07-16 22:14 | HO・16番 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< リマのDB332      天賞堂 16番 C62 入線 >>