人気ブログランキング |

燕雀鉄道白津機関区活動日誌

c62swallow.exblog.jp
ブログトップ
2019年 06月 29日

マイクロ 783系 リニューアル有明

a0359818_21011212.jpg
母方の実家は九州のため、九州の特急はよく見ていて大好きです。
長らく探していた783系が格安で手に入りました。






a0359818_21012285.jpg
購入したのはリニューアル有明。
クロハ782が0番台であることが特徴ですね。
マイクロのこれはCM15→CM34編成がプロトタイプ。
この編成はモハを抜いたり入れたりした編成なので、製品タイトルの『有明』だけでなく『みどり』や『かもめ』『きらめき』『にちりん』『にちりんシーガイア』『ひゅうが』『きりしま』でも使える、非常に便利な編成です。
発売当時(2008年)はここまで波乱な車歴を送ることは予想できなかったでしょうから偶然ではありましょうが……凄いチョイスです。
まあ、そんなわけで783系としては非常に便利なものなので探していたところ、シール使用済みですがかなーりお安かったので購入しました。
a0359818_21124532.jpg
走りはよいのですがメタボな動力なのはご愛敬。
しかし、カラフルですがよく塗装・印刷されています。
a0359818_21133440.jpg
お顔。
プロトタイプは2000年ごろなのでスカートの形状が『にちりん』編成の商品と違いますね。
……マイクロの783系は展望席部分のしきりが空いてないのが残念です。
a0359818_21152503.jpg
屋根上。交流電車なのでにぎやか。
パンタもそんなに悪くないですね。
a0359818_21155356.jpg
783系はドアが車両の中心に有るので独特な外見ですよね。
a0359818_21163200.jpg
クロハ。
0番台なので窓割が異なっています。
これは初めから合造車として作られたためですね。

……ちなみに、プロトタイプの時期的にある運用にも入ってた可能性があるんですよねえ。
アレです、アレ……


by c62swallow | 2019-06-29 21:18 | JR電車 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 天賞堂 16番 C62 入線      TOMIX 223系 >>