燕雀鉄道白津機関区活動日誌

c62swallow.exblog.jp
ブログトップ
2018年 08月 21日

夜の福山城

帰省をしておりました。
お祭りに合わせて夜間公開が行われたため、福山城博物館へと行きました。
a0359818_18143048.jpg




福山城は徳川家康の従兄弟、水野勝成が建てた城でした。
一国一城令のあとに竣工した近世城郭としてはほぼ最後のものであり、集大成と言えるものでした。
福山藩は10万石でしたが西国への抑えという意味もあってか非常に立派な天守閣が特徴でした。
ですが戦時中の空襲により天守閣など大半が焼失。
現在の天守閣は鉄筋コンクリートで復興されたもので中身は博物館になっています。
伏見櫓や筋鉄御門は運よく戦災を免れ、当時のものが現存しております。
a0359818_18190140.jpg
このあたりでは一番高いものになりますので(蝙蝠山の上ですし)みはらしはよいです。
a0359818_18205729.jpg
福山城は福山駅のすぐそばにある……といいますか、福山駅は福山城内にある駅なので、新幹線がよく見えます。
新幹線からもよくみえますしね。
a0359818_18210651.jpg
そしてこの日は夜も公開ということでしたので夜景を眺めることができました。
これは南の方をみたところです。
a0359818_18210244.jpg
すぐ北には護国神社があり、そこもお祭りの関係であかりがついていました。
a0359818_18210986.jpg
南東方面です。
ちなみに駅のコンコースのあたりが二の丸の正門当たりだったそうです。
一番手前は福塩線のホームですね。
福山駅は二重高架のちょっと変わった駅です。
a0359818_18143048.jpg
トップ画像がそうですが、すぐ下では二上りおどりが行われています。
a0359818_18211504.jpg
いつもと違う福山城でした。

[PR]

by c62swallow | 2018-08-21 18:27 | 旅行 | Comments(0)


<< 赤い電車 遠州鉄道1000形      輝艦大全 ドレッドノート級 >>