燕雀鉄道白津機関区活動日誌

c62swallow.exblog.jp
ブログトップ
2018年 05月 07日

マイクロエース キハ261系1000番台 「スーパーとかち」

燕雀鉄道にJR特急はあまり乗り入れしてませんでした
別にそういう集め方をしているわけではなくたまたまなのですが。
久しぶりのJR特急を相当格安で入手しました。
a0359818_18415683.jpg





マイクロエースのキハ261系1000番台「スーパーとかち」です
TOMIXからも最近発売されましたね。
そうした後発模型の存在や不動でライト不灯ケース破損ということもあってかやたら安かったです。
ちなみに動力は普通に動いてライトも問題なかったので紙ケースがへろい以外何の問題もなかったので良かったです。
a0359818_18304247.jpg
TOMIXと違い登場時のトップナンバー編成ということで差別化はされています。
私の中でのキハ261は窓が埋められていない時代のイメージなのでこちらの方が好みの外観でしたので良かったです。
見せてもらったTOMIXとくらべてきもち丸くボリュームある造形ですが実車のイメージを損なう訳ではなくディフォルメの中であるので問題なく好ましいです。
同車のスーパー白鳥を持っている方はこちらの方が並べて違和感もないでしょう。
a0359818_18330022.jpg
また各種印刷の豊富さは流石マイクロ。
細かい表記もそうですが目立つ床下の色差しもあるのはマイクロらしいです。
a0359818_18334381.jpg
ちょっと床下はすれすれですけどね。
a0359818_18341048.jpg
屋根上
クーラーも同社の中では上々に感じます。
また屋根上の黒い部分で継ぎ目まで再現されているあたりマイクロの謎のこだわりを感じます。
a0359818_18353040.jpg
テールライト。
ヘッドサインがものすごく眩しくヘッドライトにも光漏れしてたので少し遮光しました。
a0359818_18360014.jpg
ヘッドライト。
ライトの色が変えられているのはTOMIXに対する強みですね。
a0359818_18364487.jpg
まあライトが気持ち暗いのが難点ですが。
(ヘッドマークだけは明るすぎたのであえてシールで暗くしているだけです)
a0359818_18373970.jpg
スノープローもぬかりなく。
台車はやや彫りが浅いのはまあマイクロって感じですねえ
a0359818_18381408.jpg
中間車はだいたいこんな感じです。
そうそう、枕カバーなど内装も華やかなのはいいですよね。
a0359818_18384493.jpg
個人的に驚いたのはR177を平然と走ることです。
物凄くシュールです。
マイクロの製品はたまにこうした謎性能を見せることがあるので好きです。
a0359818_18394973.jpg
ステッカー
札幌、帯広の二種類です。
回送があってもよかったのではと思いますがまあ製品名からしてスーパーとかちですからね。
a0359818_18194080.jpg
しかしマイクロの中でもJR北海道特急は出来がいいとは聞いてましたが予想以上です。
スーパー白鳥はたびたび乗っていたので欲しいのですがまあ高いですので……。
今は色々あれな北海道ですが車両は本当にカッコいいので好きです。


[PR]

by c62swallow | 2018-05-07 18:43 | 気動車 | Comments(0)


     メルクリン BR89 >>