燕雀鉄道白津機関区活動日誌

c62swallow.exblog.jp
ブログトップ
2018年 05月 03日

メルクリン BR89

a0359818_17493068.jpg
以前浜松町からとぼとぼあるいて某時計屋さんへ寄ったとき、探していたものが相当格安で売られていてつい購入してしまいました。
メルクリンのBR89です。





BR89は実車はかなりマイナーだったように思うんですがメルクリンのHOの入門機として大ヒット。
世界でもかなり模型が作られた形式なんじゃないでしょうか。
購入したのはZゲージ。
このZゲージでもこのBR89が入門機としてスターターセットを中心に活躍しています。
a0359818_17512835.jpg
かなり小さい模型ですがディティールはそれなりに。
状態が悪いジャンク品で赤が剥げまくってますが色差ししてあげましょうか。
a0359818_18000385.jpg
こんな小ささでもエンジンドライブできちんと走る、ということを示したいのですがなかなか大きさを伝えるのは難しいです。
ということでNの模型と並べてみました。
まずは津川のコッペル。
全長はZでもBR89のほうが長いのですが
a0359818_18010877.jpg
高さは小さいのでよくモーターが入っているものだと感心します。
a0359818_18014142.jpg
C12と並べるとホントに小さいのが伝わるかと。
a0359818_18020653.jpg
カプラーは向こうのZゲージでよくみられるタイプ。
そういえばロクハン製品でもこのカプラーを交換部品としてつけている場合もあるみたいですね。
a0359818_18024365.jpg
裏面はこんな感じ。
さて、状態もそうですが動力も確認していないからということで2000円未満という破格の安さだったのですが実際古いものだから心配でした
飾りになるかもなあと思いつつとりあえず車輪を簡単に拭いてからProZにのせてみました。
a0359818_18040229.jpg
普通に走りました。
それはもう、下手な古いNゲージ蒸気機関車より走るんじゃないかってくらいしっかり走ってくれました。
こんなに小さいのに……メルクリン恐るべし。
a0359818_18045431.jpg
坂もトンネル内部の魔の平面クロスもあっさり通過してしまいました。
ロクハンやマルイ製品を持ってないこともありうちでここを走れるのはZショーティくらいだったので少しうれしいです。
全くにあいませんけどね
a0359818_18061775.jpg
違和感バリバリですね
真っ黒に塗ってしまえば輸入期っぽくできるでしょうか。
a0359818_18065372.jpg
まあそれはともかくすっきり走るZゲージの蒸気機関車がやってきました。
これでProZでの遊び方が増えました。

[PR]

by c62swallow | 2018-05-03 18:07 | Zゲージ | Comments(0)


<< マイクロエース キハ261系1...      コスモフリートスペシャル メダ... >>