燕雀鉄道白津機関区活動日誌

c62swallow.exblog.jp
ブログトップ
2018年 04月 24日

メカコレクション ガイゼンガン兵器群 カラクルム級戦闘艦

待ちに待った(?)メカコレの大戦艦が出ましたね
早速購入して組みました。
a0359818_18125292.jpg




a0359818_18130287.jpg
まず第一印象が「でかい」
はじめ900円オーバーの定価を見て高いと思っていましたが従来のメカコレと比べて箱だけでもこれだけ違います。
a0359818_18141951.jpg
そして(早速組んでますけど)ガイデロール級やアンドロメダよりもさらにでかいです。
これだけデカければ納得の値段です。
ちなみにこのカラクルム級はアンドロメダと同スケールだそうです。
測ってみるとおおよそ1/3000
ガイデロール級もたまたま同じくらいの縮尺です。
a0359818_18161031.jpg
さて。
このカラクルム級を作った感想は「凄く作りやすい」です。
この先頭部のフィン部分、旧作メカコレでは一枚一枚接着だったため鬼門といわれていました。
ところが、この新メカコレではなんと一体成型!(しかも左右下全部!)
そのためこのフィン部分と先頭パーツの二つだけで先頭部分が手軽にできてしまう親切設計なのです。
a0359818_18175333.jpg
そしてこだわりのモールド
濃すぎず、程よい深さのモールドがびっちりと。
墨入れしたら映えそうです。
a0359818_18183034.jpg
艦尾あたりは旧作に比べボリュームアップされています。
a0359818_18190870.jpg
扶桑型を連想するこの違法建築艦橋もパーツ数が抑えられつつこのクオリティです。
なお、つい先日公開された第5章CMではこの艦橋砲も旋回可能という衝撃の事実が発覚しています。
a0359818_18204537.jpg
とりあえず一つ墨入れしてみました。
思った通りモールドがいい感じに浮き出てくれます。
成型色のままですが割といい感じではないかなと
a0359818_18214801.jpg
手前が墨入れしたものです。
光の加減で結構印象が変わりますが白背景だと黒すぎですかね?
二個目のほうは墨入れの色を変えてみますか。
a0359818_18224397.jpg
2章ラストで行われた6隻のカラクルム級によるインフェルノカノーネ(?)を再現したくなってしまいますね。
a0359818_18232183.jpg
アンドロメダと同じ縮尺なので是非とも第一章の再現もしたいですね。
第5章でも戦いますしね。
a0359818_18235875.jpg
黒く塗って赤で墨入れしてげきおこモードを再現しても面白いかもしれません。
a0359818_18243799.jpg
別のガトランティス艦も増えましたがこれは後日

[PR]

by c62swallow | 2018-04-24 18:25 | 宇宙戦艦ヤマト | Comments(0)


<< コスモフリートスペシャル メダ...      マイクロエース 9800型 9... >>