燕雀鉄道白津機関区活動日誌

c62swallow.exblog.jp
ブログトップ
2017年 12月 31日

D51 1119完成(仮)

春先に加工を開始してから長らく放置してましたがやっとこさ完成しました。
D51 1119です。
a0359818_19195022.jpg




以前の記事でも紹介した神奈川県厚木市に保存されているギースルかまぼこドーム船底テンダー解放キャブ北海道形というえらく濃い車両です。
KATOのD51標準型のジャンクからようやくそれらしい形になりました。
a0359818_19210591.jpg
ドームと煙突はやえもん製。
それに伴い公式側は若干だけ配管を加工してます
a0359818_19205802.jpg
非公式側はプロトタイプと模型で配管が全く違っていたので大半を引き直しました。
a0359818_19224534.jpg
まだパイピングが不慣れなので怪しい点も多いですがそれらしくはなってくれたかなと。
a0359818_19231963.jpg
テンダーは南洋物産製のアクリルテンダーですが妻面を割ってしまったためまだ表面が……
a0359818_19235753.jpg
テンダーキットがどちらかというと1/140向けのものなので若干大きいのが残念ですが他になかったので
まあもともと船底テンダーは背が高いからと言い訳
東北型のカーテンも付けてみました。
集電板が見えますがテンダーからは集電していません。
ただ将来的に可能なように、って感じですね。
a0359818_19285481.jpg
KATOのD51ギースルと。
ナンバーが四桁なのでえらく横長いのが特徴ですね。
a0359818_19291284.jpg
配管はいじった甲斐あって目立ってくれてます。
同時にへっぽこでへろへろなのもまるわかりですが実車も完全にまっすぐじゃないからと言い訳を
a0359818_19302342.jpg
ドームやキャブの違いも大きいですね。
a0359818_19304066.jpg
燕雀鉄道ではセキの運搬を主に担当することとなりそうです。
もっとセキはほしいですけどそんないっぱいは手に入りませんね。

[PR]

by c62swallow | 2017-12-31 19:31 | 国鉄蒸気機関車 | Comments(0)


<< 謹賀新年      メカコレ アンドロメダ >>