燕雀鉄道白津機関区活動日誌

c62swallow.exblog.jp
ブログトップ
2017年 12月 05日

横浜市電保存館2 館内

館内の展示も想像以上に濃かったです。
a0359818_17502169.jpg




やはり日本の鉄道開業の地の一つということもあって市電に限らず横浜自体の鉄道史にも触れられています。
また資料も小田急などの○年記念誌やTMSのような模型誌まで幅広くそろえられているためその資料調べを本格的にしようとしたらきっとそれだけで一日が終わってしまうでしょう。
(人によるかもしれませんが)
a0359818_17530031.jpg
館内にはジオラマもいくつかあります。
これは横浜周辺の光景が多く含まれたNゲージジオラマ。
a0359818_17533292.jpg
模型鉄的にやっぱりメーカーなどが気になります。
高架部分などはTOMIXですが
a0359818_17540777.jpg
地表部分は何とフレキです。
おかげで自然なゆったりとしたカーブを演出できていて好ましいです。
a0359818_17544563.jpg
車輌は私が行った日に展示されていたものはすべてKATOでした。
a0359818_17551685.jpg
しかしまあ凄いです。
特にこの港周辺は横浜らしさが濃縮されています。
a0359818_17561363.jpg
さらにもっと大きいOゲージジオラマも。
a0359818_17563321.jpg
横浜市電車両も走っているほか
a0359818_17580472.jpg
しれっと蒸気機関車もいたり
(D51とC62ですね)
a0359818_17583610.jpg
市営地下鉄の新車まで。
自分が行った時間はもう終わっていましたが決まった時間に多くの車両が走ります。
a0359818_18003974.jpg
他にも市電シミュレータやOゲージ、HOゲージの自作車両の展示まであります。
a0359818_17592061.jpg
親子で楽しめる記念撮影コーナーや飲食ができる休憩スペース、さらにはイベントなどが行われるホールまである穴場スポットといってもいいかもしれません。
入場料も安く横浜からもすぐ。
また今度は時間に余裕があるときに回ってみたいです。

[PR]

by c62swallow | 2017-12-05 18:01 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://c62swallow.exblog.jp/tb/238051005
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 前衛武装宇宙艦AAA-1 ア...      富井電鉄猫屋線 貨物列車旧塗装 >>