人気ブログランキング |

燕雀鉄道白津機関区活動日誌

c62swallow.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 24日

鉄コレ 遠州鉄道2000形2両セットB 株式会社ユタカ技研創立30周年記念ラッピング電車

a0359818_18335446.jpg
つづいてBセット
青い赤電、ユタカ技研ラッピングです。





ユタカ技研30周年記念に登場した青いラッピング車両です。
周りが赤い中での青ということでかなり目立っていました。
青い理由はユタカ技研のシンボルカラーだとかなんとか
a0359818_18353052.jpg
許諾をみると遠州鉄道のほかにユタカ技研もあります。
ユタカ技研のラッピングですからね。
それにしてもAセットともども結構凝ったパッケージでいいですね。
捨てるのがもったいないです。
a0359818_18374291.jpg
レールの台座もロゴが入ってちょっと特別な雰囲気。
a0359818_18382704.jpg
青いといろいろ違和感というか不思議な感覚が。
京急といい名鉄といい赤い会社は青も好きなんですかね。
a0359818_18391104.jpg
車体のラッピングはもとの絵柄などの影響もあるんでしょうけどAセットよりすっきりとして綺麗な気がします。
a0359818_18395156.jpg
ちょっと先頭の白帯が剥げてましたけどね。
そうそう。窓の青塗装の有無も表現してるみたいですね。
a0359818_18401087.jpg
妻面。
ちなみに実車のホロは赤のままでした
a0359818_18403226.jpg
TN化して連結。
例の中途半端な位置がちょうどいいみたいですね。
こうしてみるとわかると思いますが、この青電では前面の太帯と細帯の上下が逆になっています。
a0359818_18414771.jpg
あと、純正のカプラーセットをそのままつけると実車よりかなり間隔が狭く直線番長になります。
以前紹介のスペーサーの関係です。
TN化ではもっとひどいことになります。
a0359818_18424341.jpg
カプラーのスペーサ小を。
高さが違うのはモハのほうのボディをきちんとはめ込めてないだけです。
後で治しました。
a0359818_18432380.jpg
最後に並べます。
併結できるようにしましたが実は直虎ちゃんは西鹿島駅行き、青電は新浜松行きと真逆です。
ステッカーもついてませんからねえ。
まあ見なかったことにしましょう。
それにしても比較的安価に遠鉄2000形が出るとは。
1000形は2000形と車体はほぼ同じ(窓とかが違う)ですからその気になれば小改造で作れそうです。
ただラッピング車ですから通常品よりほんの少し割高ですので躊躇してしまいますね。


by c62swallow | 2017-07-24 18:45 | 遠州鉄道 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< ワールドタンクミュージアムキット4      鉄コレ 遠州鉄道2000形2両... >>