燕雀鉄道白津機関区活動日誌

c62swallow.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 30日

エフトイズ フルアクション零戦

先日発売の1000円の食玩、フルアクション零戦が届きました。
a0359818_19291055.jpg




結構楽しみにしていたものです。
1/72のゼロ戦があちこち可動するうえに彩色済みのキットで1000円というかなり安いキットです。
食玩と考えるとやたら高く見えますけどね。
a0359818_19291834.jpg
食玩なのでガムが入ってます。
a0359818_19302804.jpg
塗装具合はまあ『やっぱ食玩かあ』という感じではありますがカラフルに塗りかけられているので見るだけで組み立てるのが楽しみになります。
a0359818_19310711.jpg
まずはエンジン。
ほぼ見えなくなるのによく作られています。
a0359818_19313560.jpg
この辺りはよく穴を見ないと間違えます。
a0359818_19315350.jpg
一部なんでここにゲート持ってきた?というものもありますが難なく組んでいきます。
途中パーツをふっとばして大変なことになりましたがそれはそれ。
もうこのエンジンだけで立派な模型になっている気がします。
a0359818_19325231.jpg
そして操縦席部分まで完成。
ここまでで接着剤を使ったのは操縦桿と機銃の固定だけです。
よくできていると思います。
a0359818_19333306.jpg
あまり見えなくなってしまうのが惜しいです。
a0359818_19341247.jpg
機体のほうにもコックピット部分については結構作りこまれています。
a0359818_19335590.jpg
零戦の特徴でもある20mm機銃もほとんど隠れてしまいますが別パーツです。
a0359818_19344494.jpg
機体にさっき作ったエンジン・コックピット部分をはめ込みます。
だいぶ完成してきた気がしますね。
写真に写っている機首右側に緑の謎の塗料が……
やっぱり塗装は食玩だなあと。
a0359818_19360862.jpg
このカバーも切り取るときどこまでかパーツなのか見ないと詰みますので注意。
a0359818_19370114.jpg
デカールも貼って完成。
ゆっくりやって、パーツ飛ばして探して、だいたい2時間少々ですかね。
休日の楽しみにはちょうどいいかなと。
a0359818_19374988.jpg
この通り21型なので翼端も曲げられますし(空母のエレベータの都合でこうなっている)、風防もちゃんと開けられます。
結構楽しいです。
昔のエルエスのキットを思いだしますね。(後にマイクロエースが販売)
a0359818_19401727.jpg
足も折りたためます。
……ここで主脚のデカールが一部はがれてしまったことに気づいて泣いてます「」
主脚の番号のほうのデカールは予備が一枚分あるのにこの三色模様のものは予備がないんですよ……
a0359818_19404618.jpg
1/144と比べると結構デカいです。
大量にコレクションするのには向きませんが、ある程度腕のある人にとってはいいキットと思います。
ぜひとも流星などへと展開してくれたらうれしいですね。

[PR]

by c62swallow | 2017-05-30 19:42 | ミリタリー | Comments(0)


<< KATO阪急6300系 旧社紋...      KATOの京トレインをちょこっ... >>