燕雀鉄道白津機関区活動日誌

c62swallow.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 11日

幻のシリーズはTT9? デアゴスティーニ 蒸気機関車コレクション C62 2

今回は珍しいものを手に入れましたので分けてご紹介。
実物ははじめてみました。デアゴスティーニの蒸気機関車コレクションのC62 2です。
a0359818_17181619.jpg




おそらく『なんだそれ』という方が大半だと思います。
5年ほど前?にデアゴスティーニが岡山県と香川県で販売していました。
この手のものによくある一部地域での先行販売というやつですね。
第1巻~4巻まで発売されたようですが売れ行きが思ったほどではなかったのか全国展開することなく打ち切りとなりました。
a0359818_17211503.jpg
よくある毎号機関車の模型が付いてくるコレクションものです。
そして創刊号だけ安いというのもよくあることですよね。
このシリーズは創刊号が990円、以降は2190円だったようです。
a0359818_17222400.jpg
ラインナップはこんな感じで予告されていました。
デアゴスディーニは個人的に創刊号に一歩引いたものを、3号あたりで超メジャーなものをラインナップする、というイメージが個人的にありましたが、このシリーズはC62 2という大人気車両を頭に持ってきていて珍しいなという印象。
序盤のラインナップは流石に有名どころが多いですね。
19604は……実はよく知りませんが(大宮で入れ替えをしていたらしいです)、重装備で丁寧に保存されていることで有名なD51 170やC59の中でも梅小路入りした人気車両164号機、お召機として有名なC57 117、大井川でいわずもがなのC11 227などそれぞれ人気の高い車両が選ばれていますね。
a0359818_17273190.jpg
という訳で模型を取り出してみました。
予想はしてましたが塗装はやはり厚め、一部で…というか結構接着剤のはみ出しや白化が見られますね。
まあそこは鉄道模型とは違いますし、いろいろ事情もあると思います。
a0359818_17284746.jpg
お顔は…なんかまがってる(汗
デフステーも/\ってなってますし。デフ自体の高さも少し低めですかね。
ただ割とそれらしい雰囲気は出てるんじゃないでしょうか。
太かったり大味だったりはしますがディティールもそれなりに。
a0359818_17302527.jpg
2号機の象徴と言えるスワローマークは…でかいですね。
足回りはディスプレイらしくしっかり抜けていて軽快な印象。
きもちボイラーが高いですかね?
東海道時代がモデルなので配管類はすっきりとしています。
a0359818_17320584.jpg
運転台も作りこまれてます。
a0359818_17365019.jpg
シルエットは週一…と言いたいところですがテンダーが少し…というかかなり高いので少し違和感が。

ところでこのシリーズ、実はある特徴があります。
a0359818_17325705.jpg
KATOのC62(東海道形)と並べると…一回り二回り大きいです。
ですがレール幅は同じ9mm。
そう、実はこのシリーズの縮尺は1/120で9mm。所謂TT9スケールなのです。
a0359818_17340014.jpg
日本の列車は狭軌なのにNゲージは云々という話はよく耳にしますが。
このシリーズは動力化などを考えないディスプレイモデルであることを生かしてレール幅と車体のバランスがとれるTT9サイズが採用されてます。
a0359818_17360463.jpg
1/120と1/150ではここまで大きさが違うんですね……
ただ値段が違うので当たり前ですがKATOのほうがかなり良くできていますけどね。
a0359818_17381708.jpg
なんとなく分解しました。
基本はねじ止めですが接着剤止めの部分も多いです。
あれこれいじればもっといい雰囲気になるかもしれません。塗装を落として、一部パーツも修正して……
a0359818_17392681.jpg
ところで途中で気づいたのですがこの見えない部分の配管やらボイラーバンドまで頑張っていました。
a0359818_17402079.jpg
とりあえず流石にテンダーの高さだけは気になるので削りこんで無理やり低くしました。
こうするだけで割とシルエットが変わっていい雰囲気になります。
その他の改造は……気が向いたら?
ちゃんとやろうとするといろいろ面倒ですしね…1/120は市販パーツがあまりないですし。

このシリーズのものは同時に入手できましたので順番に見ていこうと思います。

[PR]

by c62swallow | 2017-05-11 17:42 | その他 | Comments(0)


<< 蒸気機関車コレクション2巻 D...      鉄コレ 小田急1700形第三編成 >>