燕雀鉄道白津機関区活動日誌

c62swallow.exblog.jp
ブログトップ
2017年 04月 02日

遠征5 Njゲージビバン模型製作所訪問

厳密にはこちらのほうが初日だったのですが。
Njゲージを提唱されているビバン模型製作所にお邪魔させていただきました。
a0359818_18441026.jpg




以前大宮のさいたま鉄道模型フェスタにてお世話になったビバン模型製作所さんは大阪、肥後橋駅の徒歩圏内にあります。
実は本来なら定休日だったのですがご好意で見学させていただきました。
Njゲージは一応当ブログでも(出来はひどいですが)挑戦したことがある、1/150のNゲージ在来線車両をZゲージのレール幅である6.5mmに改軌して実物のレール幅の雰囲気をだそうという試みです。
a0359818_18492785.jpg
以前お話した際に蒸気機関車がすき、という話をしていたためおおくのNj改軌されたSLを用意してくださいました。
a0359818_18492264.jpg
もちろんEF58のようなほかの車両もです。
EF58は台枠の引っ込みがよく目立ちますね。
a0359818_17515961.jpg
C12とC56の重連。
C12はクルクルパーつきにされていました。
a0359818_17524637.jpg
下から見ると動輪などがNゲージに比べ奥まっていることがわかります。
蒸気機関車はダイキャストの加工もギアや軸受けなどいろいろ考えながらやらないといけない上、ほかにもシリンダーブロックやどっろなどの加工も必要ですし、C12は集電も特殊なのでさらに大変だと思われますがしっかりと安定して走っていました。
a0359818_17543713.jpg
こちらはC57四次形とD51498の重連です。
C57四次形は現在でも通販で別の改軌商品を販売しておられました。
大型の機関車でも改軌の効果は絶大ですね。
a0359818_17574101.jpg
こちらはNjゲージをしったきっかけのひとつであるRM誌に掲載されたC62 17.
改軌からしばらくたっていますが走りはしっかりしていました。
C62ともなるとあの太いボイラーに対しての狭い足回り、という様子が特に目立つ気がします。
a0359818_18010745.jpg
自分のキハ52も試しに走らせていただくことに。
微妙にふらつくところもありますが(どれかがゆがんでいるかも)しっかりと走ってくれました。
カプラーがまだ仮固定なのでちゃんとくっつける必要がありますけどね。
a0359818_18024133.jpg
自分の改軌した車両もこうしてレイアウトでも一応走れることがわかり安心しました。
a0359818_18032851.jpg
このレイアウトは見えるところはゆるめのカーブを、トンネルなど見えないところで急なカーブを入れることでスペース以上にゆったりとしたように見えます。
また各部まで作りこまれており、なかには細かいネタも交じっていたので眺めるだけでも楽しいです。
a0359818_18044456.jpg
またカメラカーもあり、一台は通常の全面展望、もう一台は客車に取り付けられ側面の車窓を楽しめるようになっていました。
様々なめんからリアルを追及していることがよく伝わってきました。
a0359818_18062984.jpg
そして電気を消すと…室内灯が入れられた車両はもちろんのこと。
ヤード灯や建物の明かり、電灯などが輝く夜景の姿も見せていただきました。
a0359818_18074991.jpg
ローカルなホームに佇むキハ。
繁華街を通り抜ける夜汽車。
それらが実車に近い線路幅を、実車のような引っ込み具合や出っ張り具合の台車などを履き走っていく。
気が付いたらあっという間に時間がすぎてしまいました。
a0359818_18095700.jpg
さらに改軌作品をじっくりと見せていただき、改軌方法などもレクチャーしていただきました。
新しいKATOの二軸やDD13、DD51などがやりやすくかつ手ごろに楽しめるそうです。

今回は急な訪問でしたが本当にありがとうございました。


[PR]

by c62swallow | 2017-04-02 18:11 | 旅行 | Comments(0)


<< 宮島&芸備線・福塩線      TOMIX C11 325 >>