燕雀鉄道白津機関区活動日誌

c62swallow.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 24日

KATO C62 2 2017年再販

a0359818_16435064.jpg
3号機に遅れること数週間。
2号機も無事に発売されました。




a0359818_19043855.jpg
2号機といえばスワローマーク。
気持ち尻尾が太いですがスケールを考えれば全く問題ないかと。
a0359818_19050882.jpg
配管周りも3号機等とは違います。
配管止めは省略。
ハンドレールはプラの一体成型に変更されています。
a0359818_19054993.jpg
テンダー。
ATS端子は例によって簡易型。
a0359818_19094432.jpg
火室上部。
相変わらずすごい密度です。
a0359818_19545310.jpg
うちの北海道C62組たちと。
a0359818_19550739.jpg
こうして並べるとナンバーの位置なども違うのがよく分かりますね。
a0359818_19554167.jpg
勿論配管も作り分け。
完成品としてここまでやるのは本当にすごいです。
a0359818_19560566.jpg
比較的地味に感じるテンダーも。
a0359818_19562257.jpg
まだカプラーを交換してないので無理ですが最後のあの三重連も再現可能となります。
まあ、ニセコの客車は持ってませんが……。
プラ完成品でここまでやれるなんてすごい時代ですよね。


[PR]

by c62swallow | 2017-06-24 19:57 | 国鉄蒸気機関車 | Comments(0)


<< 1/1000 ドレッドノート級...      紫陽花の咲く箱根へ >>