燕雀鉄道白津機関区活動日誌

c62swallow.exblog.jp
ブログトップ
2017年 01月 15日

ある意味謎 ボンゴモーターカー

今日は久しぶりに秋葉原に行っていました。
その際、新品ながら投げ売りされていたので買いました。
キャラメルN。スカイネットのボンゴモーターカーです。ちなみに青空号。
a0359818_19061102.jpg




『ナニコレ』といわれても私もよく分かりません。
一応実車も存在するようです。
マツダのボンゴを切り詰めて作られ森林鉄道で使われたそうです。
a0359818_19112667.jpg
実車は知りませんが商品のことは知ってます。
アイコムとスカイネット(アオシマ)から発売されていたキャラメルNシリーズの一つ。
NゲージともHOナローともいえない中途半端なサイズで出ていたことで知られてますね。
他にも静鉄のデワ1タイプなどを出してましたね。そういえば蒸気も出る予定だったそうですがその後どうなったんでしょうね?
a0359818_19154361.jpg
特徴の一つは『ライト点灯』
ただし走り出す電圧では暗いです。
そしいざ光ると…室内灯のように全体が光ります。
屋根もスケスケですね。まあご愛敬というやつでしょう。
a0359818_19193032.jpg
これはまあ有名な話なのですがこのキャラメルNシリーズ。
動力は見てのとおり極めてシンプルなもの、モーター直置きです。
そして上にある基板のLEDが点灯して室内が明るくなるのですね
走りは思ったよりスムーズ。
といってもスローが十分に効くわけではないですけどね。
a0359818_19202681.jpg
内部はこんな感じ。
こんな導光ではまあ室内全体が光りますね。
a0359818_19211428.jpg
付属品はこんな感じ。
バンパーの色違い、スコップなどの『お好みに合わせて』つけるパーツ、補助ウエイト、そしてシール。
また説明書もメンテナンスやパーツの取り付けなどについては非常に親切で分かりやすいのですが…実車の説明があいまいだったりよくわからない部分が多かったりします。
a0359818_19240694.jpg
それにしても本当に謎の縮尺です。
津川の西大寺キハと並べるとこんな感じ。
ボンゴモーターカーの大きさはわかりませんが現行のボンゴは全幅1.6m全高1.85m
西大寺キハ4は……すみません、知りません。

まあまた変なのが入ってきましたが目的はだいたい動力です。
色々と使い道がありそうな、なさそうな、とにかく変わった動力ですからね。
ただかわいいので飽きるまではこのまま遊びます。

[PR]

by c62swallow | 2017-01-15 19:30 | HO・16番 | Comments(0)


<< CASCOの紺色の21m級16...      鉄コレのクモニ13 Njゲージ... >>