燕雀鉄道白津機関区活動日誌

c62swallow.exblog.jp
ブログトップ
2017年 01月 04日

開業時の下等車をまず組んでみる

以前購入したあとなかなか手を付けられなかったIORI工房の開業時古典客車セット。
まず下等車から組んでみることにしました。
a0359818_17225492.jpg




a0359818_17230439.jpg
このキットは5両セットです。
まあのんびり作って行こうと思います。
a0359818_17233212.jpg
とりあえず説明書通りにさくさくと作っていきます。
以前のハ14に比べ細いパーツが多いです。
ぶきっちょなのですこしヘロヘロですが寸法がぴったりにできているので合わせやすかったです。
a0359818_17244741.jpg
床下も貼り重ねていくだけでこの出来です。紙って凄いですね。
a0359818_17251756.jpg
補強材を入れたりなんなりして箱型に組み上げます。
a0359818_17225492.jpg
そして手元にあったペンがいいサイズだったのでそれをつかって曲げ癖を付けてから屋根を接着すれば完成です。
ご飯食べたりゲームやったりしながらでしたが(主に乾燥中)それでもそこそこの時間で形になります。
小さい分だけ難しい部分もありましたが基本的に組みやすいよう考慮されているのでストレスはほぼありませんでした。
下等車はもう一両ありますけどこの1両目よりは綺麗に組めたらいいなと思います。

[PR]

by c62swallow | 2017-01-04 17:29 | 客車 | Comments(0)


<< 緩急車の床下を作る      (一応)コッペル君よみがえる >>