燕雀鉄道白津機関区活動日誌

c62swallow.exblog.jp
ブログトップ
2016年 12月 30日

津川のナローたち

今回もまた大宮の戦利品から。
津川洋行のナローたちです。
a0359818_20591521.jpg




津川洋行からもいくつか完成品のHOナローは出ています。
定価はそこそこするのですが、今回在庫処分?のような形で1つ1000円3つで2000円という破格の安さで発売されていましたので買ってみました。
a0359818_21010205.jpg
自由形客車の青。板張りタイプ。
短めの車体で森林鉄道などでみるような印象。
本当に『どこかにありそう』ないいデザインだと思います。
a0359818_21015591.jpg
独自の軽便カプラーと連結用のピンが付属。
全体的にゆるーい感じですがいい雰囲気です。
a0359818_21024612.jpg
西大寺鉄道のキハ3
ほかにも車番違いで4、5もありましたがなんとなく3に。
なんともいえませんが面白い題材ですよね。
a0359818_21140767.jpg
カプラーは何故か白です。
奥に長い金属の棒がありますが、これはデッキの手すりは自分で曲げて作るからです。
a0359818_21163674.jpg
実車のことがわからないのでとりあえず説明書通りに。
なんか違うような気もしますけどまあいいです。
a0359818_21170850.jpg
そして無蓋貨車。
値段的には他のものを買ったほうがお得ですけどやっぱり無蓋貨車は外せませんでした。
艶消しを吹くか、いっそ塗装しなおしたらもっといい感じになるかも。
a0359818_21191393.jpg
とりあえず動力がありませんけど3両で併結。
これだとキハ4のデッキが何のためにあるのか。
実際なら客車と貨車は逆のほうがよさそうですが。
a0359818_21204748.jpg
HOと比べると微妙に大柄となる猫屋のキハと。
気持ち小さいですけど、十分許容範囲でしょう。
もともと地方軽便じゃ凸凹なんて当たり前だったでしょうしね。
まあ、猫屋線は実在の尾小屋などのように軽便としてもともと大柄な感じですのでこの客車のほうはつなげたらいろいろカオスでしょうけども。
まあ、そういうわけで徐々に増えるナローでした。


[PR]

by c62swallow | 2016-12-30 21:25 | HO・16番 | Comments(0)


<< 2016年最後の大物 ICE3入線      上大岡へ 鉄コレ京急1000形... >>