燕雀鉄道白津機関区活動日誌

c62swallow.exblog.jp
ブログトップ
2016年 12月 30日

上大岡へ 鉄コレ京急1000形1800番台入手

昨日の話なのですが。
京急線上大岡駅で毎年行われている京急鉄道フェアへ行ってきました。
a0359818_23562876.jpg




巨大ジオラマでは京急線を模したジオラマを色々な車両が走っていたり体験運転があったり。
走っている車両も京急が中心のようですがその他にも関東を中心に様々なものが走っていました。
a0359818_23573125.jpg
それこそ日本最初の鉄道まで
a0359818_23575127.jpg
そしてこれくらいの時期に毎年発表のある電車市場の東急線鉄コレ。
近日発売のようですが今年は3700形。緑色ということしか私は知りません。
名鉄に移ったんでしたっけ?
よくわかりません。
3両セットですが作り分けられているみたいですね。
更新後、東急マーク時代がプロトタイプでステッカーはもちろん、去年はなかった動力台車枠もあるんですね。
a0359818_23593591.jpg
試作品はこちら。
実車は見たことがありません(というかほとんどしらない)ですけどこういうレトロな列車は鉄コレにぴったりだと思います。
a0359818_00002430.jpg
a0359818_00003739.jpg
ちなみにBトレや(写真に写っていないですが)過去の鉄コレも一緒に並べられていてなつかしの目蒲線っぽいお洒落な展示方法だと思います。
a0359818_00015032.jpg
目的はだいたいこれです。
今年の鉄コレはてっきり旧1000形のバリエーションだと思ってましたからがまさかの最新車両です。
TOMIXでやってくれれば、とおもってしまいますが自作が面倒な車両ですので非常にありがたいですね。
a0359818_00020806.jpg
裏面はいつものステッカーのことなど。
a0359818_00032921.jpg
そして説明と上級者向けパーツの説明です。
a0359818_00040639.jpg
そして模型。
実は今日知り合いと走らせたのでもう簡易的にNゲージ化しています。
ぱっとみただけで「ああ、写真で見たアイツだ」っていう感じ。
塗装が個人的には写真で見るものとイメージが違うような気もしますが実車に出会えていないのでなんとも。
a0359818_00053419.jpg
台車がよくできていていいですよね。
床下はよくわかりません。
a0359818_00061406.jpg
中間車。
パンタグラフは事前に用意していたGMのもの。カプラーもKATOカプラーです。
アルミ車体に近いようでやっぱりいろいろ違う塗装が表現されています。
a0359818_00064988.jpg
こちらは付属の屋根で3号車?にしたもの。
私はわかりやすいのと中間車に動力を入れてくれという文面からこの車両に動力を入れました。
a0359818_00075096.jpg
残念なことに今回は台車枠無し。
ということで付属の台車をカットして接着しました。
GMのあれってつかえるんですかね?
a0359818_00085152.jpg
スカートはもちろん外せます。
a0359818_00090749.jpg
ライト部分のガラスパーツはこんな感じ。
点灯化が面倒くさそうですね。とくに遮光。
GMかKATOを活用するかどうか……?
a0359818_00095568.jpg
付属品はこちら。
アンテナ3種に前面用幌。
この1800番台は行き来できるようになっているため幌が出てきます。
a0359818_00111899.jpg
とりあえずアンテナも付けます。
説明書通り1mmドリルで穴をあけて差し込みます。
当たり前ですがはめるとき気を付けないとおれます。
a0359818_00122320.jpg
TNカプラーも最近出番がないMODEMOの313系君から強奪借りてみましたが、ポン付けできました。
本当に無加工でOKです。これは楽だ……
ただ最近のSP仕様がOKかはわかりません。
a0359818_00134951.jpg
もう片方は幌を付けてみました。
でも今回1編成しかかっていないので無駄ですね。
まあ、面白そうなのでいいです。

走らせた感想はアルミ車ともやはり違うのでいろいろと楽しいです。
ただし鉄コレの宿命としてライトは光らないのでそこだけは何とかしてあげたいかなあ、と。
まあ、いろいろといじって遊びましょう。



[PR]

by c62swallow | 2016-12-30 00:15 | 私鉄電車 | Comments(0)


<< 津川のナローたち      猫屋線のキハにも明かりを >>