燕雀鉄道白津機関区活動日誌

c62swallow.exblog.jp
ブログトップ
2016年 12月 23日

KATO(ラウンドハウス) EF81トワイライトエクスプレスタイプ

本日はまた中古での入手品です。
a0359818_18033705.jpg
KATO、ラウンドハウスブランドから出ていたEF81トワイライトエクスプレスタイプです。





a0359818_18043396.jpg
現在ではKATO名義で出ていますがこれはそれよりも前にでたもの。
実際のトワイライト仕様とは細かいところが違う、塗装変更でのタイプモデルです。
ですがトワイライトは色のほうに目が行くので気にならないと思います。
JRマークが入っているのが個人的に高ポイント。
まら車輪も黒染で非常に印象がいいです。
a0359818_18072016.jpg
この模型は送料込みでも2000円しませんでした。
理由はかんたんでパンタが破損しているから。
ですが傷は他になく動力も普通。それでいて付属品未使用なのでいい買い物ではないかと。
まあ、別に車体が傷だらけでも何でもよかったんですけどね。購入理由は別にありますので。
a0359818_18085196.jpg
付属品。
日本海のヘッドマークもありますね。
a0359818_18093897.jpg
さて、燕雀鉄道には比較的初期のロットのTOMIXのトワ釜がいます。
折角なので並べてみましょう。
緑も若干違いますが一番目に付くのは黄色。
TOMIXはすこし青ざめたといいますか、色温度が低い感じです。
一方のラウンドハウスは綺麗な発色です。
ただしスカートはトワイライト仕様としてはTOMIXのほうが正確です。
a0359818_18113053.jpg
こうして並べてみてもやはり黄色が……
とはいえTOMIXはのちに改良されていますけどね。
古いものですからこれくらいは普通だと思います。
a0359818_18121447.jpg
ちなみにTOMIXのパンタとKATOのパンタでは足の感覚が違うためポン付けはできませんでした。

さて、客車もないのになんでトワ釜を買ったのか。
実は先日の考察でふとやってみたいことができたからです。

それはまた後日。

[PR]

by c62swallow | 2016-12-23 18:13 | 国鉄電気機関車 | Comments(0)


<< 猫屋線キハに車輪の大きい動力を      動力を考える >>