燕雀鉄道白津機関区活動日誌

c62swallow.exblog.jp
ブログトップ
2016年 12月 04日

猫屋線客車に室内灯を

猫屋線の客車は動力非対応です。
また鉄コレなので集電機能もありません。
ですが折角だから室内灯を点灯させたいと思い加工してみました。
a0359818_18053061.jpg




a0359818_18062632.jpg
とりあえずKATOに集電板が軸間距離がちょうどいい感じだったので使うことに。
まずはその集電板が入る用台車を加工します。
幅をやすってみたり干渉する部分を削ったり。
a0359818_18080386.jpg
なんかかんやで入りました。
深い意味はありませんが集電板は上下逆にしてポリウレタン線をはんだ付けしました。
a0359818_18091166.jpg
そして床版に穴をあけ、適当な集電板を用意してそこに台車からのポリウレタン線をはんだ付けしました。
ちなみに台車のポリウレタン線をながめにして、かわりに床版の穴は一か所の穴のみとしました。
ポリウレタン線の余裕があるので台車が回っても大丈夫なようにしています。
普通のNゲージのようにやってもいいのですが床版の加工が面倒くさかったので。
a0359818_18113334.jpg
微妙にはみ出てますが削るか黒をぬってごまかすかする予定です。
無駄にKATOスポークにしていますがあまり意味はないような。
a0359818_18121718.jpg
そして庄龍鉄道さんの室内灯キットを加工し、窓ガラスパーツも干渉個所をカットしたうえでOKとしました。
a0359818_18130263.jpg
実車がどうなのかわかりませんがステップ部分が……
a0359818_18132116.jpg
これで機関車牽引でも大丈夫です。

[PR]

by c62swallow | 2016-12-04 18:13 | HO・16番 | Comments(0)


<< RUBICONMODELSのテ...      猫屋線ベンチレータ交換 >>