燕雀鉄道白津機関区活動日誌

c62swallow.exblog.jp
ブログトップ
2016年 11月 07日

『ALWAYS 続・三丁目の夕日』の6000形新塗装

今回は少し懐かしのものを。
食玩、ALWAYS 続・三丁目の夕日 情景フィギュアより。
6000形の新塗装です。
a0359818_18345587.jpg




都電の6000形と言えばまさに都電のかつての顔。
保存車両も多く何かしらの形で知っている方も多いのではないでしょうか。
調べてみたら290両も生産されていたんだとか。
a0359818_18380928.jpg
この模型は映画、『ALWAYS 続・三丁目の夕日』の関連製品(食玩)のおまけです。
大きさはNゲージサイズとのことです。
ディティールはそこそこ。
ですがモールドはシャープですし塗装の具合もちょうどよい感じです。(もうちょっと濃い黄色のほうがいい気もしますが)
またこの路面部分や電停も付属しています。
a0359818_18430369.jpg
スタイルはかなりいい感じです。
こちらの行先は上野行きの1系統。
品川駅前から上野駅前を結んでいましたが昭和42年?に廃止となりました。
a0359818_18461297.jpg
無理やり床下を外してみました。
この通り台枠と床下機器がボディのほうに一体となっているのが特徴。
基本的にディスプレイモデルとしてはこれで問題ありませんが仮に動力化させようとする場合は面倒くさいです。
いや、カットするだけでいいっちゃいいんですけど。
a0359818_18474251.jpg
付属のシール。
日本橋と通三丁目は隣接する停留所のようです。
a0359818_18490141.jpg
以前紹介のローソンの昭和レトロ路面電車から。
やはりこのALWAYS~のほうが線がはっきりと出ていますし塗膜もちょうどいい感じで好印象。
ビューゲルも一応別パーツですしね。
ただし黄色具合はローソンのほうが個人的なイメージには近いかなーと。
でも色あせたらこんな感じかもしれません。
a0359818_18524383.jpg
地味に全長も違います
ほとんど誤差レベルではありますが。
a0359818_18531477.jpg
都電6000形はなんとなく昭和の東京の顔みたいなようなものだからなのかわりとよくこうしたグッズが出ますよね。
全部集めようとしたら沼なのかもしれません。

[PR]

by c62swallow | 2016-11-07 18:54 | 私鉄電車 | Comments(0)


<< 伝説?のTEXTの419系      アメリカンな貨車その二 >>