燕雀鉄道白津機関区活動日誌

c62swallow.exblog.jp
ブログトップ
2016年 08月 09日

Njゲージに初挑戦だったキハ52

よく言われている話ですが、Nゲージ1/150の9mmというものは、実際の線路幅で考えた場合1350mmとだいたい京王線などの馬車軌間であり通常のJR線1067mmよりも幅が広いです。
といっても私はまったく気にしていないのですが。
しかし折角の狭軌らしさを生かしたいという動きもあります。
1067mmは1/150にすると7.1mmですがそれより少々幅狭なものの6.5mmであるZゲージがあり、最近はロクハンの展開もあって入手もしやすくなっています。
それを利用して車輪の幅を改軌してZゲージの線路で走らせるNjゲージと呼ばれているものがあるそうです。
興味はありましたので3年ほど前にろくな道具もないのにキハ52を改軌したことがあります。
a0359818_13053921.jpg




a0359818_13055318.jpg
並べると確かに実車のナローっぽさがありますね。
標準軌や馬車軌間と狭軌が並ぶ路線、例えば奥羽本線や成田線・空港線、あとは京急線とJR線並走区間などそういう場所の再現などにはうってつけかもしれませんね。
a0359818_13063163.jpg
改軌そのものですが車輪は旧客から強奪もといもってきた黒染なものにしています。
あとはいわゆる『長軸改軌』で改軌しました。カッターやニッパー、あとは軸を押し出すための金づちだけあればあっさりできてしまいました。
当時はノギスもなく、アキアの485系と見比べながら現物合わせで軌間を調整するというアホなことをしていました。
また線路を持っていなかったのでまともな走行試験ができませんでしたがプラスアップの線路を1周分+給電線路を入手したので走行試験を行いました。
まあ予想通りといえば予想通りでしたがはじめは削り足りずひっかかってましたが少し削り直し慣らし運転を行ったところスムーズにスローも効くようになりました。さすがはKATO動力ですね。
a0359818_13170964.jpg
ついでにLEDを電球色にしたり
a0359818_13172621.jpg
余っていた白色室内灯を入れたりしています。
Njゲージの本格導入はしていませんが(Zゲージのレールをあまり持ってませんし)このキハ52で狭軌感の良さを実感しました。
編成単位では大変でしょうがこうした単行などでは手軽にできていいかもしれませんね。

[PR]

by c62swallow | 2016-08-09 13:19 | Njゲージ | Comments(0)


<< TOMIXDD51旧製品のNj...      ガリガリ削る193系 >>