燕雀鉄道白津機関区活動日誌

c62swallow.exblog.jp
ブログトップ
2016年 07月 16日

KATOHiSE室内灯試作1 失敗?編

KATOのHiSE室内灯をLEDにしたいと考えましたが早速失敗です。
a0359818_15302063.jpg




KATOのHiSEの室内灯は電球の左右への光の広がりを最大限に生かした構造になっています。
とりあえず物は試しにとLEDでそのまま置き換えてみることにしました。
a0359818_20130406.jpg
a0359818_15314841.jpg
相変わらず汚いですが白色LEDに小型ブリッジダイオードと抵抗(ここでは560Ω)をつないだだけです。
そのままではさすがに拡散が足りないと判断し光拡散キャップをかぶせています。
秋月で50個200円だったかと思います。安いです。
a0359818_15302063.jpg
そして点灯させたのですが……昼間というのもあるんですが「光ってはいる」けれどもちょっと暗いという感じです。
KATOのクリアじゃないほうの白色室内灯を思い出す漢字の明るさです。
LEDの光量が足りないわけではなく、純粋に導光板にあまり届いてないからだと思います。
a0359818_15333584.jpg
多分一般的に使用しそうなダイアルの位置にしたうえで電球と並べると……色はいいんですけどね、色は。
という訳で試作1作目は失敗と判断します。
チップLEDが電球色しか手元になく(白色はサイドビューしか手持ちが無いのを忘れていたのです)チップLEDを貼り合わせるという方式をまた今度試してみることにします。
a0359818_15415665.jpg
スマホで撮ったものなのであれですがもう少し暗い所ならそこそこです。
a0359818_15425378.jpg
これに至ってはブレブレですが……
一応この方式は手軽であるという利点は大きいんですけどね。



[PR]

by c62swallow | 2016-07-16 15:43 | 私鉄電車 | Comments(0)


<< 地下鉄博物館訪問&ホビセンKA...      ちょっと買い物 >>