燕雀鉄道白津機関区活動日誌

c62swallow.exblog.jp
ブログトップ
2016年 07月 14日

さあ行くんだその顔を上げて

私は通常のアニメ版のほうが好きですが、劇場版999も大好きです。
そして昔発売されていた劇場版999号の食玩を入手できました。
ザッカピー・エイ・ピーから発売されていた『松本零士メカニカルコレクション』より『銀河鉄道999号』です。
a0359818_20200801.jpg




a0359818_20371681.jpg
このシリーズでは9種類中5種類が999号です(残りはアルカディア号とクイーンエメラルダス号各二色)
どっちも好きなんですけどね。今回買ったのは999号だけです。
a0359818_20214480.jpg
まずは機関車セット。
他は何両あってもまあいいのですがこれだけは出ないと999号になりませんから絶版の今は割と高値で中古店に並ぶこともあります。
(客車セットのほうも1000円とかいうことありますけど)
a0359818_20233012.jpg
流石に鉄道模型と並べるものではありません。大きさもかなり小さいですが主に窓の塗装に若干のあれはあるものの割とよい雰囲気です。
劇場版仕様なのでTV版と比べるとちょっと寂しいですね。
a0359818_20252612.jpg
この食玩の凄いところはテンダー背面にあるこの通路まで再現されていることです。
ここまで再現されたものはあまりありません。
a0359818_20261257.jpg
装甲車セット。
劇場版には登場してないんですけどね。TVで印象深い車両だからということでしょうか。
土台つきのディスプレイだからでしょうか、以前のメカコレと異なりちゃんと下部にも砲塔があります。
a0359818_20282474.jpg
もちろん砲塔は動きます。
しかも砲身まで上下できるのです。この大きさなのによくやったと思います。
a0359818_20302509.jpg
こちらは『客車セット』
普通の客車が2両ついてきます。
ぶっちゃけ他と比べるとハズレっぽく見えますがダブってもそのまま組み込んでしまえばいいという面はあります。
ちなみにこのセットは2セット届きました。
999号の一般的な客車ですが何故か1扉です。
なんででしょうね。ちなみに劇中では基本的に2扉です。(ラストシーンも2扉だった……と思います)
a0359818_20352161.jpg
食堂車セット。クレアさんの職場ですね。ビフテキ食べたい。
地味に作り分けられており、このとおり窓配置までこっています。(なんで普通車はあんな扉に)
a0359818_20372025.jpg
そして劇場版といえば展望車。結構いい感じだと思います。
999号のマークも凛々しいですね。
a0359818_20202170.jpg
というわけでこれが今回購入した5種6セットです。
a0359818_20393795.jpg
5セットつなげるとこの長さです。いくら小さいものといっても長い列車ですからつなげれば結構長くなるのですね。
ちなみに6セットつなげるとだいたい1mくらいになりました。
a0359818_20411111.jpg
参考までに以前紹介したメカコレの999号と並べます。一回り小さい、ということがよく分るかと。
a0359818_20415273.jpg
NゲージのC62も並べるとこんな感じです。小さいですね。
テキトーに測ったところだいたい256分の1くらいですかね。Zゲージよりは少し小さいのかなと。
a0359818_20200801.jpg
残念ながらこれを編成状態で保存できるほど広い家ではありませんので基本はしまうことになると思います。
ですが展示台座もクリアでお洒落ですしたまに引っ張り出して楽しみたいなと。


[PR]

by c62swallow | 2016-07-14 20:48 | 国鉄蒸気機関車 | Comments(0)


<< ちょっと買い物      KATO HiSEヘッドテール... >>