燕雀鉄道白津機関区活動日誌

c62swallow.exblog.jp
ブログトップ
2016年 07月 10日

KATOキハ85

もうすでに加工記事も上げてますが。
a0359818_19500688.jpg
意外にも登場からもう27年ほど?になるキハ85です。




キハ85はJR東海がキハ80の置き換えのために開発した特急形気動車です。
カミンズエンジン搭載で最高速度は120キロ。
JR東海非電化路線の顔として『ひだ』『南紀』で活躍しています。
KATOからは実車が登場して間もないころに製品化されました。
a0359818_19553870.jpg
『ワイドビュー』を冠しているだけあって大きな窓が特徴的です。
模型でも的確に再現されていますね。
a0359818_19585416.jpg
また貫通側先頭車も存在し、勿論こちらも模型化されています。
当時はまだ最新仕様であったKATOカプラーを台車マウントですが標準装備しています。
この貫通側先頭車はライトの点灯準備がされているようですがライトユニットは入っていないので非点灯です。
同車の特徴である幌が再現されていないのは少し寂しいですね。改良再販後もないままです。
a0359818_20011525.jpg
とりあえずアンレールの付属の幌がひとつ余っていたのでつけていますが角度などが違うのであっていません……
ガレージメーカーから出てますので今度買いたいなと思っています。
a0359818_20021265.jpg
キハ85ひだといえば名鉄キハ8500と併結していたことで有名です。
しかしキハ8500はKATOからは発売されていません。
それどころかずいぶん長い間発売されることはなく、模型の登場は実車が引退した2010年の9月に発売されたアンレールのディスプレイモデルか2012年?のマイクロエースとなりました。
ただしどちらも製品の状態のままではキハ85とは連結できません。
私は過去の記事のとおりアンレール製もキハ85も無理やりTN化しています。
a0359818_15562164.jpg
特徴といえば室内灯も標準装備であること……ですが電球なので暗いうえに消費電力も相当なものです。
私は自分で加工しましたが、カシオペアやサンライズもライト類を中心としたリニューアルが行われたことですし、キハ85もリニューアルされたら嬉しいですね。そんな気配は全くありませんけど。
キロ85も製品化されるとうれしいのですが……

[PR]

by c62swallow | 2016-07-10 20:13 | 気動車 | Comments(0)


<< KATO小田急HiSE入線      TOMIX DD54 加工 >>