燕雀鉄道白津機関区活動日誌

c62swallow.exblog.jp
ブログトップ
2016年 07月 02日

箱根登山鉄道1000形ベルニナ号

まだ少ししか加工してませんけど、たぶん持っている方も多いと思われる小型の電車です。
TOMIXから昔発売されていた箱根登山鉄道1000形新塗装です。
a0359818_21224888.jpg





箱根登山鉄道1000形は1981年から営業している車輌で3両編成化などを経てまだまだ活躍する車両です。
急カーブ、急勾配な路線に対応する特殊な車両でもあります。
TOMIXからはこの新塗装のほか旧塗装がかなり前に発売されましたが……まだ3両編成化後の姿は出ていないと思います。
MODEMOも箱根登山鉄道車輌を生産してますが1000形はまだ出ていません。
a0359818_21225591.jpg

実車が15mほどと短いということもあり、模型でもかなりの急カーブを曲がれます。
発売当時はこの動力はかなり重宝され、GMではこの動力を使った小型車両も発売されました。
ちなみにこの2両の連結はドローバーです。
a0359818_21230303.jpg

とはいえ当時のモーターの大きさや急勾配レイアウトのことを考えたのか、室内はウエイトでびっしり埋まってます。
a0359818_21231166.jpg

私のものは車体のみジャンクで購入したものです。
やや最近のロットと思われ、黄色ですがLEDを搭載しています。
a0359818_21231814.jpg

モーター車の基盤が死んでいたので(ダイオードかなんかの黒い部品がショートの原因になっていた)いじるついでに電球色LEDに交換しています。
適当にいじったので反対方向に走らせるとチラチラ光りますが無視してます。
(このへん電気知識がないのでかなり適当なことを言ってます)
まあ、そのうち何とかするかもしれません。
行先表示は前ユーザーが1003と1004で小田原行き、強羅行きと違うものが貼られていました。
とはいえこのほうが二倍楽しめますからそのままにしています。
a0359818_21232743.jpg

この新塗装はHiSEをイメージしたものだそうで並べてみると確かにそれっぽいです。
a0359818_21233601.jpg

急勾配に対応し、急カーブも曲がれる上にデザインや塗装も割と好みなので気に入っています。
屋根上など古い仕様の部分で気になるところもありますし、ちょくちょくいじってみたいと思ってます。
実は箱根はいったことがないのですが、いつか行ってみたいです。(特急ですぐですし)

[PR]

by c62swallow | 2016-07-02 17:35 | 私鉄電車 | Comments(0)


<< C62山陽形整備      D51のロッドを試しに塗ってみる >>