燕雀鉄道白津機関区活動日誌

c62swallow.exblog.jp
ブログトップ
2016年 07月 01日

D51のロッドを試しに塗ってみる

a0359818_21253421.jpg

基本的に最近の製品であっても、クロスヘッドなどはプラ製で他は金属製、ということが多いです。
そこで試しに同じ色で塗ってみたらどうなるかやってみました。





今回犠牲もとい練習台になったのはKATOのD51ギースルです。
選んだ理由は比較的最近の製品であり、重量感があったほうがよりいい機関車だからです。
a0359818_21254627.jpg

と、いうわけで試しに手元にあったタミヤエナメルのガンメタルを塗ってみました。
スライドバー部分はクロスヘッド可動の邪魔になるかもしれなかったので塗っていません。
思い付きで適当にやったのでかなり塗りがひどいですね。
とはいえ統一されたことで多少は雰囲気は良くなった……ように見えなくもないです。
ロッド類も前に比べれば銀ピカではなくなりますしね黒染めしたものには劣りますがガンメタルはそこまで悪くはない選択かもしれません。
ただ手元にあったのはエナメルだけなので乾燥に時間がかかりました。
今度はもっといい色を別の塗料で探してみたいと思います。
a0359818_21254926.jpg

せっかく引っ張り出したのでこの前石炭パーツをのせたセキを引かせてみました。
やはり上から見ると10両ではちょっと物足りないですね。
a0359818_21253421.jpg

前から見ればそれなりの迫力にはなるのですが。
ちなみにはじめは入線したばかりのC62でやろうかなと思いましたがとりあえず先にこっちにしました。
このギースルはもともとナンバー解放テコ欠品ジャンクで買ったものですからいじるのに抵抗があまりないというのもあります。

ところでKATOの11月の発表がありましたが313系0番300番やっとフルリニューアルですね。
とはいえ私はMODEMOを持っているので……

[PR]

by c62swallow | 2016-07-01 12:26 | 国鉄蒸気機関車 | Comments(0)


<< 箱根登山鉄道1000形ベルニナ号      KATOC62山陽形(呉線)入線 >>