燕雀鉄道白津機関区活動日誌

c62swallow.exblog.jp
ブログトップ
2016年 06月 01日

本当に浮くリニアの模型

今回は以前名古屋のリニア鉄道博物館に行ったときのお土産の紹介です
a0359818_18395283.jpg




L0系の模型です。
地味に高価なのですがそれには理由がありまして。
a0359818_18402055.jpg
ちなみにこんな感じ。出来はまあ、それなりです。
a0359818_18404429.jpg
その辺にあったアシェットの100系と並べるとこんな大きさです。
a0359818_18410842.jpg
この模型にはこのような台座が付属しています。
ちょっと高級っぽく見える台座ですが左に透明な板があったりなんか出っ張りがあったりと怪しいです。
実はこのでっぱりには磁石が入っています。
そしてリニアの模型にも磁石が入っているため……
a0359818_18421014.jpg
実車同様(厳密には色々違いますけど)磁石で浮くようになっているのです。
a0359818_18424512.jpg
なにやってんだかわかりにくいですが、封筒を間に入れて実際に浮いてますアピールの図です。
ちなみに左の板がないとそのままふっとんでいきます。
a0359818_18432511.jpg
浮いているので触るとフラフラ動きます。
調子が悪いというか、内部の磁石の都合でたまに何もしなくても傾く場合があります。
a0359818_18441212.jpg
その場合は裏にあるレバー(左のもの)を操作して調整します。
ところでこの模型、MADE IN PRCだそうで。
ちなみにPRCってどこぞ、となりますが People's Republic of Chinaの略です。
よーするにメイドインチャイナですね。
まあ、そんなこんなですが、ちょっと変わったお土産があって面白かったです。
一人だと飽きますけど展示会とかで持ち込むと割と注目を浴びていました。
こういうおもちゃというかお土産もいいもんですね。

[PR]

by c62swallow | 2016-06-01 18:47 | 新幹線 | Comments(0)


<< KATOのC62東海道形      TOMIXのEF81 トワイライト  >>