燕雀鉄道白津機関区活動日誌

c62swallow.exblog.jp
ブログトップ
2016年 05月 28日

KATO113系のLED化

113系のLED化を1両のみ行いました。
それほど目新しいものはありませんが参考にでもと。
a0359818_15432404.jpg




KATOの113系はちょっとライトが暗いです。
そこで何となく交換してみることにしました。
a0359818_15435930.jpg
まずはボディーを外し、ネジをとります。
a0359818_15443954.jpg
基盤を取り出すと……電球です。
そりゃ暗いはずです。
今回は両方交換することにしました。
a0359818_15444111.jpg
まずはんだごてを使って電球を取り除きます。
a0359818_15444558.jpg
抵抗を追加する必要がありますがスペースがありません。
仕方がないのでまず基盤の一部をカット。
そこへ適当なチップ抵抗を取り付けました。数字は忘れました……
a0359818_15472234.jpg
次に極性に気を付けてLEDを取り付けます。
3mmの砲弾型ですが干渉するので少し削ります。
その後一度元のケースにはめてからテールライト用のLEDを取り付けました。
そのほうがはめやすいです。というかそうしないと面倒なんですよね、この構造は。
a0359818_15483874.jpg
点灯試験。
電球色に明るく光ってくれます。
テールライトは電球色である必要はないので白色です。
a0359818_15432404.jpg
組みなおします。いい感じに光っていますね。
a0359818_15492211.jpg
テールライトも低電圧から光るようになりました。ちょっと明るすぎますかね。
a0359818_15492909.jpg
分かりにくいですが電球のままと交換したものです。
これだけ明るさが違います。交換してよかったようです。
この113系は電球なので抵抗の追加もしないといけないですし、ライトユニットもでかいです。
古いので仕方ないですけれど、こうやって手を加えるといい味を出すような気がしますね。


[PR]

by c62swallow | 2016-05-28 15:51 | 国鉄電車 | Comments(0)


<< EB10をいじった      KATOのC56小海線 >>