燕雀鉄道白津機関区活動日誌

c62swallow.exblog.jp
ブログトップ
2016年 05月 27日

KATOのC56小海線

今回はもう何度か登場してますがこのポニーさんです。
a0359818_13290889.jpg




KATOのC56です。
D51 498の購入はしばらくたってからですし、C62北海道組はもろもろの理由で買っていなかったので燕雀鉄道では初めてのコアレスモーター搭載車輌でした。
a0359818_13304275.jpg
あの小柄なC56を綺麗に再現しています。
走行性能も抜群であり、物凄く低い電圧から走ってくれます。
まあ、その代りスロー走行中だとライトが点灯してくれないことがありますが(汗
a0359818_13315609.jpg
白津機関区在籍車は144号機にしました。
銀河のメーカーズプレートを取り付け、乗務員ものせています。
メーカーズプレート取り付けは割と目立つのでお勧めです。
ウェザリングっぽいのもしてありますが、ウェザリングマスターでちょちょいとやっただけなので雑です。
a0359818_17193550.jpg
後は以前紹介のとおりスポーク先輪も交換済みです。
a0359818_13331311.jpg
個人的にこのケース収納に使うパーツが好きでした。
D51498あたりから採用されていましたがコスト削減なのか見なくなってしまいました。
a0359818_13345518.jpg
それにしてもKATOの蒸気機関車の配管はすごいですよねえ。
a0359818_13352615.jpg
さて、燕雀鉄道にはでっかい兄もいます。(やってきたのはNゲージが先でしたが)
基本的に1/150の燕雀鐵道では例外的な機関車ですが紹介はまた今度。

[PR]

by c62swallow | 2016-05-27 13:38 | 国鉄蒸気機関車 | Comments(0)


<< KATO113系のLED化      KATOの鹿島臨海鉄道 >>