燕雀鉄道白津機関区活動日誌

c62swallow.exblog.jp
ブログトップ
2016年 05月 23日

EXE室内灯取り付け

C11が返ってくるまで、他の車両の整備をということでまずは先日入線のEXEに室内灯を入れました。
a0359818_17062213.jpg





使用したのは先日の鉄道模型市で庄龍鉄道さんから購入したグランライトのナチュラルホワイト色です。
普通の白色室内灯よりやや電球色に近い色で、電球色ではやりすぎだけど白色もなんかイメージと違うなあ、という車両にはちょうどいい色だと思います。
a0359818_17133534.jpg
EXEは窓が大きいので室内灯は効果的です。
マイクロエースならではの枕カバーも目立っていいですね。
……しかし窓ガラスパーツの構造の問題でこのようにツメが光ってしまいます。
これは純正室内灯でもちょっと気になる点です。
a0359818_17151041.jpg
というわけで黒いビニールテープを貼ってみました。よい感じです。
ただ手間がかかるのと、まだ角度によっては見えることがあります。ちまちま作業していきたいと思います。
a0359818_17165490.jpg
光漏れが激しくおまけに眩しかった行先表示ですがシールを貼って少し遮光をしたところ割とマシになりました。
取り付けたのはホームウェイ11号です。
EXEといえばホームウェイの印象が強かったので。
(さがみやえのしまは全面表示に何故か「さがみ/えのしま」などがないので……なぜでしょうね)
a0359818_17182936.jpg
貫通側はもっと面倒くさいことになっていました。
これでもまだましになったほうなのですが……
a0359818_17191759.jpg
とりあえず購入していたのは6両分のみだったので6両編成側のみです。
また後日他の車両用の分も含めて購入し4両側にも取り付けたいと思います。

a0359818_17204911.jpg
えー、余談ではありますが。またこんなものを作っていました。
TOMIXのケースのラベル交換機能は本当に便利だと思います。
ただ手持ちのウレタンが10両用のものは21m用しかないので少しスカスカです。
今度20m級用のものを入れてあげたいですね。


[PR]

by c62swallow | 2016-05-23 17:22 | 私鉄電車 | Comments(0)


<< KATOの113系をJR東海風に      トラムウェイC11北海道タイプ... >>