燕雀鉄道白津機関区活動日誌

c62swallow.exblog.jp
ブログトップ
2016年 05月 11日

京都鉄道博物館限定0系新幹線入線

というわけで戦利品といいますか、京都鉄道博物館土産のこの0系新幹線が入線しました。
a0359818_19532654.jpg





a0359818_17584017.jpg
私が行った日はこの開業記念限定版0系新幹線の発売日でした。
京都鉄道博物館に保存されている4両の0系なのですがM車なしにもかかわらず17000円とかなりお高い商品。
私は誕生日が近い(6/18)ということで父親に頼み込んで購入してもらいました(汗
父上殿、本当にありがとうございました。
a0359818_19564176.jpg
開けてみるとこんな感じ。
車番は印刷されているのでインレタはありませんが付属品(ガイシっぽいの)はあります。
連結面に穴があるのでそれですね。
a0359818_19592362.jpg
また実車の写真などがある紙の下には展示用レールも入っています。
a0359818_19561590.jpg
基本的に先日発売の大窓車ですので造形は全く持って問題なしです。
まあ、私はほかに0系のNゲージを持っていませんが。
先述のとおり特定車両なので車番などは印刷されています。
a0359818_20030656.jpg
ちなみに実車です。
a0359818_20034966.jpg
グリーン車に当たる16形1号車。
ドア付近の金色やグリーン車マークも綺麗です。
a0359818_20051825.jpg
実車です。
ちなみに順番が変に見えるかもしれませんがそういう風に展示されているからでしょう。(本館側から16-9-12-1)
a0359818_20064601.jpg
ビュフェ車。
他の車両とは明らかに違う独特の窓配置です。
a0359818_20075281.jpg
実車。
角度が毎回違いますが他の来場者もいますから……
a0359818_20083010.jpg
そして東京方の先頭車、22形1号車です。
a0359818_20102560.jpg
ちなみにこの22形は京都鉄道博物館では数少ない車内まで見学できる車両ですが中身は0系に関連する展示物がメインです。
a0359818_19334232.jpg
これとか光前頭とか。
a0359818_20122144.jpg
比べるものではありませんが他に並べるものがないのでアシェットの国産鉄道創刊号と。
こうやって並べてみると値段の割にアシェットは検討してますが、近くで見ると流石にTOMIXにディティールや塗装などで負けます。
まあそこは鉄道模型と雑誌の付録の違いってことでしょうか。(値段も数倍違いますが)
a0359818_20140701.jpg
付属のレールに乗せるとこんな感じです。
a0359818_20143033.jpg
さて、この模型はコレクションか展示してなんぼだと思います。
ということでプロムナードの雰囲気を簡単に雰囲気だけ再現してみました。
いくつかは持ってないので代用ですけどね。というかプロトタイプそのままのものは0系以外有りません。
製品のないスシやマロネフはさておき地味に80系も103系も持っていません。
a0359818_20182806.jpg
ただ、「あ、これみたな」とニヤニヤ(?)したり
a0359818_20185127.jpg
ここでカレー食ったなあと思いだしたり
a0359818_20201869.jpg
そういった『思い出も含めて』楽しむ模型だと思います。
……手軽に買えるものではありませんけどね(汗

[PR]

by c62swallow | 2016-05-11 20:21 | 新幹線 | Comments(0)


<< 鉄コレ動力シースルー化+アンレ...      京都鉄道博物館へ完 本館の展示物 >>