燕雀鉄道白津機関区活動日誌

c62swallow.exblog.jp
ブログトップ
2016年 04月 02日

オリエントエクスプレスのノベルティモデル

今回はちょっとかわった模型のお話です。
a0359818_18555502.jpg




昔、1988年にオリエントエクスプレスが日本を走った当時に日立が製作した、オリエントエクスプレスの置物です。
ヤフオクなどでもちょくちょく上がっていますね。
私は少し前、駅前にある中古店で手ごろな値段で売っていたのを見かけ、購入しました。
a0359818_19015305.jpg
状態はそこまでよかったため非常に安く売られていました。
といってもヤフオクでの開始価格程度でしょうか。
カバーはほこりまみれの上すこしだけ黄みがかったりしてました。
まあ、30年ほど前のものですから。
a0359818_19033488.jpg
模型そのものの造形は置物としては普通にいい感じ、ですかね。
モールドなどは鉄道模型、ではない感じですがアリだと思います。
a0359818_19052737.jpg
a0359818_19053032.jpg
一方塗装、印刷はというと非常に良いと思います。鉄道模型と比較しても間違いなくきれいな部類でしょう。
ロゴマークはもちろんのこと。細い文字も多いのですがくっきりと美しく印刷されています。
また車内もある程度作りこまれているようです。
a0359818_19051309.jpg
この模型はあくまでも置物なので台車が台に固定されています。
a0359818_19091389.jpg
……が。これは前のオーナーが外したのかわかりませんがこのように外せます。
片側は折れてますけど片側は経年劣化で外れたように見えます。
ちなみにこの状態でも穴にさしこめば横にするだけならすっぽ抜けません。
この通り、床下機器も最低限表現されています。
a0359818_19180770.jpg
台車はこの通り固定、写真も回りません。
完全にディスプレイモデルです。
a0359818_19185541.jpg
さて。この模型はだいたいHOサイズと思われます。
以前紹介したKTMの0系と比較するとこんな感じです。
a0359818_19194018.jpg
このようにかぶせようと思えば0系もいけました。
まあ、やる意味はありませんけどね。
a0359818_19200940.jpg
もう少しわかりやすい比較でアシェットの国産鉄道とKATOのケースを並べてみました。
この通り結構大きいです。うちでは普段はビニールにくるんで奥にしまっていますが、たまに引っ張り出してきて眺めています……。

[PR]

by c62swallow | 2016-04-02 19:21 | 海外型鉄道 | Comments(0)


<< マイクロの九州50系客車とDD51      鉄コレ22弾購入 >>